態度と行動を変える: シニア・リーダーはどうやって良い業績を生む企業文化をつくるか

この白書から得られること

シニア・リーダーが競争に勝つことを望むのであれば、企業文化の重要性を見過ごすことはできません。組織はそれを優先事項にすることが十分可能です。たとえ、優れた文化の創出に向けて各企業とも独自の道を進んでいかなければならないにしても、正しい態度を奨励し、それを正しく行える能力を示す人の効果的な行動を研究することで、得られることは多いのです。

ダウンロードする
Icon

この白書から学べること

近頃はどこでも企業の成功や失敗の理由を説明するのに「それが企業文化だから!」という言葉でひとくくりにされがちです。強い企業文化を持つことは市場競争で勝つための必須条件としてもてはやされ、企業文化が弱いとそれだけでスタート・ラインにも立てないと見なされてしまうこともあります。しかし、説明するのは簡単かもしれませんが、実際「文化」そのものの話となるともっと複雑です。私たちはみな、「文化」という言葉の意味を知っているつもりで使っていますが、本当にそうでしょうか。

Icon

この白書の特徴

強い文化とはどういうことなのでしょう。巷に溢れるビジネス・ブログで言われているほど単純ではありません。実際は、不信感や不誠実、蔓延した否定的な姿勢、戦略の欠如といった壊滅的な要素に苦しんでいる人たちを除けば、どんな文化にも本質的には「正しい」も「悪い」もないのです。文化の強さは、競われる環境との関係で評価されなければなりません。つまり、各企業の状況によっては、現在および期待される将来のビジネス環境で成功を達成するのに十分に適した文化的要素があるものと、ないものがあるということです。リーダーは、自分たちの文化の中で、自分たちが直面する問題を克服するのに適していない要素があるのではないかと疑ったら、それを改善するために行動を起こす必要があるのです。

Icon

期待できる効果

4ヶ国で行った最近の調査で、デール・カーネギー・トレーニングは、シニア・リーダーたちが持つ自社の企業文化の強さに対する認識、その重要性や影響に関する彼らの態度、そしてそれを改善するために彼らがとっている行動についての研究を実施しました。企業文化についての研究は珍しくはありませんが、たいていの場合、組織内の全レベルの従業員が対象に含まれます。デール・カーネギー・トレーニングでは、この重要な問題に対する組織のリーダーたちが持つ意識と、それを解決するために組織の最高レベルで行われている努力を理解するため、特にこのグループに注目しました。

Logo

白書をダウンロードする

提供された情報は、当社のプライバシーポリシーに従って使用されます。

Thank You!