リーダーシップのブラインド・スポット(落とし穴)を認識し従業員のやる気を引き出す

この白書から得られること

人間には誰しも、それぞれの目の視野では見ることができない物理的なブラインド・スポット(落とし穴)があります。デール・カーネギー社が行った最近の研究によれば、リーダーおよびリーダーシップチームにもブラインド・スポットがあります。ここに提示している調査は多岐にわたる文化を背景としたリーダーシップ研究の主たる目的は、米国および世界各地において、人々にやる気を与え、リーダーシップの重要な特徴は何であるかを特定しようとするものです。

ダウンロードする
Icon

この白書から学べること

リーダーシップは、ビジョン、戦略的思考、財務知識などを必要とする複雑な規律です。 従業員の雇用に不可欠なリーダーシップ行動には、リーダーシップのブラインド・スポットを指す4つの高いレベルの発見があります。これらのブラインド・スポットが何であるかを学び、どのようにして従業員のエンゲージメントレベルを高められるかを発見してください。

Icon

この白書の特徴

リーダーが常に内面的に信頼がおける(自らの信念、主義に忠実)場合は、そうではないリーダーの場合と比べて、その部下は七倍近くも仕事に対して大変満足しています。またその従業員達は現在の雇用主のもとにとどまる傾向があり、新たに転職活動をしている人は三分の一に過ぎません。実際の行動と望ましい行動の間のギャップを目の当たりするリーダーは、改訂が必要な分野に対処し、従業員の全体的な経験を大幅に向上させることができます。

Icon

期待できる効果

リーダーがブラインド・スポットを自らしっかりと自覚することができれば、自分の実際の行動と理想の行動のギャップに気づき、リーダーシップを求めている従業員から最高の仕事の成果を得られます。積極的にブラインド・スポットを見極めましょう。

Logo

白書をダウンロードする

Thank You!