多世代の労働力をリードする

このeブックから得られること

デール・カーネギーの従業員エンゲージメント調査によると、直属の上司が強力なリーダーシップを発揮し、個人的にも関心を示していると感じられると、部下はよりエンゲージしていることがわかりました。コミュニケーションの方法、コーチング方法、動機づけ、各世代のフィードバックを知ることは不可欠です。

ダウンロードする
Icon

この白書から学べること

ベビーブーマー、ジェネレーションX、ミレニアルまで、今日の労働力における各世代の動機を簡単に分析します。各世代には独自の考え方、仕事スタイル、コミュニケーションの方法があります。チームメンバーを個別に動機づける方法をマスターすることで、マネージャーは各メンバーがチームにもたらす強みを生かすことができます。

Icon

この白書の特徴

デール・カーネギーの従業員エンゲージメント調査によると、40~49歳のミドル・エイジの従業員はエンゲージメントレベルが低いか、ディスエンゲージしているという結果が出ています。また、30歳前後の若い従業員と50歳以上はエンゲージしているという結果です。従業員の少なくとも66%が完全にエンゲージしていないため、対処する必要があります。

Icon

期待できる効果

多世代のチーム・メンバーにやる気を出させる方法を理解することで、より一貫性があり、生産的で、幸せな職場が作り出されます。 幸せなチーム・メンバーは肯定的な結果をもたらします。 そして、それは収益につながります。

Logo

eブックをダウンロードする

Thank You!