同僚を侮辱せずにフィードバックを提供するには

このeブックから得られること

デール・カーネギーの従業員エンゲージメントの調査では、直属の上司とその行動・態度が部下のエンゲージを促進することが明らかになりました。上司が部下を維持したい場合は、肯定的な方法でフィードバックや建設的な批判を提供する必要があります。

ダウンロードする

この白書から学べること

このeブックは、明確な目標を設定することから始めて、肯定的なフィードバックを与えるための貴重なヒントを提供します。 間違いは迅速かつ感情的に解決されるべきであり、その人物を定義すべきではありません。 従業員がソリューションの一部になれるようにすることで従業員を惹きつけ、チームにとっての価値を保証します。

この白書の特徴

フィードバックの最終的な目的は、組織の目的に沿ったサポートや改善の見通しをを与えるだけでなく、従業員がサポートされ、かつ動機づけられてると実感し、より仕事に携わるようにすることです。時には是正措置も必要になることもあります。

期待できる効果

間違いや紛争に対処することは、マネージャにとってはしばしば困難ですが、その人ではなく問題に焦点を当てて行われる場合、従業員の動機づけと従事を維持することができます。 そのようなチームメンバーがあれば、目標を確実に達成することができ、チームは次の目標を心待ちにします。

eブックをダウンロードする
提供された情報は、当社に従って使用されます 個人情報保護方針.
ダウンロードする

無料メールマガジンでは、最新情報やビジネスや職場の課題を解決する重要なテクニックなどをご紹介しています。

©2020 Dale Carnegie & Associates, Inc., All Rights Reserved.
Dale Carnegie Logo
This website uses cookies to enhance your browsing experience. For more information view our Privacy Policy.