icon 個人向けコース

コミュニケーションを高める「聴く」スキル

コミュニケーションのポイントは「聴く力」です。上手に話すことより、上手に聴くことの方がはるかに難しいのです。

コースの概要

一般的な成人は、言語や話し手のスタイルにもよりますが、1分間で100~150語の速度で話します。実際に聞いて理解できる速度は1分間で200語以上です。ですから、私たちは話を聞いている時、耳と脳の間でかなりの能力の余裕があります。しかし注意深く聞くことは、話すことよりもはるかに労力を要す困難な行為です。良き聞き手となるためには、集中、忍耐、そして本当に他者と意思疎通を図りたいという心からのモチベーションが必要です。

Icon

コースの特徴

このコースでは、下記について学びます: 効果的な傾聴の妨げとなるもの / 傾聴スキル自己評価 / 傾聴スキル採点 / リスニングのレベル / 傾聴の原則 / 見えているものを理解する(ポジティブなボディランゲージ、ネガティブなボディランゲージと兆候)/ 7つの聞き手のタイプ / インナービュー

Icon

コースの狙い

聴くことは会話においては一方向のことでしかないので、通常は軽視されがちです。したがってこれを克服するためには、効果的に聞くことは能動的なプロセスだということにまず気づけねばなりません。細かく観察すると、人は聞くふりをしているか、どう返答するかを決めるのに十分な時間の間だけ聞いていることが多いということに気づかされます。また、人は相手の物の見方や視点を理解することを左右するフィルターがあることに気づかないものです。これらのフィルターをコントロールすることで、オープンで建設的なコミュニケーションを築けるようになります。

Icon

期待できる効果

自分の傾聴スキルを振り返り、聴く際のフィルターの克服に取り組みます。相手に応じて効果的なアプローチをとります。事実、原因、価値に基づく質問を訪ねることによって、他者を理解します。

コースの申込み

Page 1
Next

あなたは別の地域のコースを追加しました。

一度に申込みができるのは同じ地域のコースのみです。
大丈夫です!以前選択した場所を削除して、現在の場所に置き換えて申込みができます。

“Inaction breeds doubt and fear. Action breeds confidence and courage. If you want to conquer fear, do not sit home and think about it. Go out and get busy.”

Dale Carnegie
Dale Carnegie